project モービルアイ導入実績

株式会社インフォセンス

的確で精度の高いモービルアイ

株式会社インフォセンス
プロダクト事業部 マーケティング&新事業戦略部 山下 了 様

導入製品・ソリューション

  • モービルアイ機器連携

モービルアイについて

デジタコのデータは、危険情報のヒヤリハットの項目である速度データ、急発進、急加速、急減速と様々なデータが取得できます。一方モービルアイでは、カメラを使った低速時の車間距離や、追突情報、または歩行者の追突検知というデジタコとは違う情報を取得することができます。

モービルアイの優れている点

デジタコと被るところもありますが、より的確に精度高く読み取れるセンサーというものはモービルアイ以外ないと思っています。今までのように車にセンサー機器を設置し、ドライバーの運転に直接働きかけるだけではなく、機器のデータ分析の基盤を与えることで、利用者がドライバーとコミュニケーションをとり、運転状況に対してのフィードバックができます。運転状況のデータを提供することによって、データを活用したコミュニケーションの活性化に役立っていると思っています。

データの活用について

利用者と直接話し合いながら作り上げたシステムなので、利用者がどういった思いでシステムを使っていくのかといったUI(ユーザーインターフェイス)、UX(ユーザーエクスペリエンス)の部分を特に気にして作り上げています。
※UIとは商品やサービスと利用者を繋ぐ接点で、この場合は画面表示や操作方法など。UXとは利用者が商品やサービスを利用した際に得られる体験や経験、その満足度などの総体を指します。
従来の場合だとセンサーをつけて、あとはドライバー任せになっていたケースが多いのではないかと思っています。ですがそうではなく、そこから一歩踏み出して警報データをドライバーと確認するといったところに取り組むと更に警報数の軽減に繋がると思います。

今後に向けて

今回の取り組みで経験したノウハウを山九グループ以外の一般物流企業に対してもDXの推進やデータの利活用を通して安心安全の向上へ貢献していきたいと考えております。

インタビュームービー